継続的な治療と生活習慣の見直しが目の下のクマを改善する

レディ

たるみの解消に良い治療

看護師

サーマクールは、たるみを解消する治療法の一つで高周波によって肌を内部から引き締めることが出来ます。ウルセラという治療を組み合わせて行うことで、更に効果を高め持続時間を長くすることが出来るようになります。

詳細

白くハリのある肌に

医者

色素沈着と血行不良

目の下にクマがあると、病人のように見えてしまいがちです。また、クマがあるということは皮膚が衰えているということですから、それによってシワやたるみも生じ、老けて見えるようにもなります。そのため多くの人が、目の下のクマを除去するために、美容外科に足を運んでいます。美容外科では、レーザーの照射や血小板の注入などにより、目の下の組織を活性化させる治療がおこなわれています。目の下のクマは、肌にメラニン色素が沈着したり、血行が悪くなったりすることで生じます。しかしレーザーの熱や、血小板内に含まれている成長因子によって組織が活性化すれば、肌は生まれ変わって新しくなりますし、血液はスムーズに流れるようになるのです。するとメラニン色素が除去されたり、血液による栄養補給が進んだりすることで、肌は白くハリのある状態になっていきます。

生活習慣の改善も大事

メラニン色素は、肌の内部にあるメラノサイトが刺激を受けることで作り出されるので、目の下のクマは目元に刺激を与えることが原因のひとつとなっています。また血行不良は、睡眠不足や運動不足、栄養バランスの悪い食事などが原因となっているのです。したがってクマの除去には、美容外科で上記のような治療を受けるだけでなく、生活習慣を改善することも必要となります。治療を受けても、新しいメラニン色素を作ったり、血行を悪くしたりすることで、クマは再発してしまうのです。また、生活習慣の改善は一朝一夕にできることではないので、その間は治療を定期的に受けることも大事です。レーザー照射の場合は2週間に1回、血小板の注入の場合は3ヶ月に1回が、それぞれ治療ペースの目安となっています。

美肌作用のある美容施術

シニア女性

顔のしわ対策として、ヒアルロン酸注入を受ける人が増えています。ヒアルロン酸の効果は半年ほどの継続性しかありませんので、一定期間が経過すると体内に成分が吸収されます。

詳細

美容整形で若返ろう

鏡を見る女性

化粧品やエステで、しわやたるみのケアが間に合わなくなったら、美容整形も視野に入れましょう。現代の医療技術で、悩みを改善する事ができます。美容整形外科でのしわやたるみ治療は様々あり、中でも人気が高いのがヒアルロン酸注射です。注射するだけなので手軽ですが、やりすぎると不自然な顔になるため警戒が必要です。

詳細